本文へスキップ

当サイトは、学生ローンを法的観点から分析する情報支援サイトです。

 

学生ローンの情報支援サイト

貸し渋りの原理について

貸金業法の改正、過払い金返還請求問題の副作用として、借りらずに困っている人々が急増しております。
なぜ貸付の基準が厳しくなってしまったのでしょうか?
こちらのページでは、貸し渋りの原理を解説したいと思います。

Victim借りられない難民

今、お金を借りたくても借りられずに困っている人々が急増しています。
こういった人々がいきつくところはヤミ金です。
ヤミ金対策と貸金業者の健全化を図ることが目的で貸金業法が改正された筈なのに、なぜこのような現象が起こっているのでしょうか?

まず一つ目は、金利の規制強化にあります。
以前の貸金業法(貸金業等を規制する法律)では、上限利率が年29.20%まで認められていた為、消費者金融会社は確実に利益をあげることができたので、貸し倒れの可能性が高い顧客でも審査が通ったものでした。しかし、上限利率が引き下げられたことによって、貸し倒れリスクの高い顧客への融資をしなくなったのです。つまり審査が厳しくなったのです。
二つ目は、過払い金返還請求により、消費者金融の企業体力が低下し、与信枠を下げざるをえない状況になっているということです。
今までは人を信用し、融資を実行することで消費者金融や学生ローンは成長を成し遂げてきましたが、法の規制強化によって「信用」だけではどうにもならない経営状況となっているのです。余談ですが銀行がダメになったのは、人を信用せず担保のみを信頼し、やがてバブルがはじけて担保価値がなくなり、不良債権の山を抱えることとなったからです。
消費者金融業界もこのような過ちを繰り返すのでしょうか?
ヤミ金対策と消費者保護が目的で改正された規制強化が、結局ヤミ金を助長することとなるのではないでしょうか。